2007年08月11日

今更ながら、日本一

IMG_8153.JPG

天気良好!!

だけど、正直、運転疲れてるし、眠いです。

・・・山頂って、遠いな。(-_-;)



IMG_8162.JPG

キャラの割には、富士山なのは今更な感じがします。

有名だけに、行くタイミングが合わなかったというか、

独立峰なので、縦走できないから長期で組みにくいとか、

観光客が多くて、登山な気持ちになれないとか、

山頂に土産物屋があって雰囲気が台無しだとか、



と、そんな噂が絶えないから、なかなか行く気がしないものだった。



IMG_8166.JPG


確かに、雲の上をブルドーザーが走るのは、富士山くらいだろう。

でも、上手く混雑を避けたお陰か、御嶽の集団ほど人も多くないし、

乗鞍岳ほど観光登山も多くない。

予想ほどイメージは悪くない。むしろ良い。

だけど、さすが日本一、突っ込み処は、結構ある。


登山口でやたら試供品(行動食やアミノ酸)を配る山なんて、
ここくらいでしょう。


それから、礼服姿で下山する人が居ました。ネクタイは白。
・・・何かおめでたいことでもあったのでしょうか???
非常識大賞モノですが、カメラを向けると目が合いそうだったので控えました。



7合5勺目付近から、このような人が出現しました。

IMG_8174.JPG

・・・え、それは趣味ですか???(゜Д゜;;)

子供『お父さん、あの人なんであんな格好しているの?』
父親『・・・。』

自分もしばらく謎でしたが、登るにつれて謎が解けてきました。

どうやらV系のバンドみたいで、ポスターを持っており、
付き人のような人が、デジタルビデオカメラで納めていました。

そういえば、養老山頂でコスプレして騒いでいる
我々の方がよっぽど危ない人ですよね(核爆)



IMG_8168.JPG

8合目を過ぎると、気圧が低いので、持ち込んだどら焼きが膨れ上がっている。
『富士山なんて簡単な山だ』なんて言葉を耳にしたことがあるが、
全然そんなことは無いと思う。
結構斜度もあるし、足場が悪く、登った足がずり下がるため、
体力は消費する。そのあたりはイライラするほどである。

しかし何より空気が薄い。これは辛い。
日本で2番目の標高の北岳ですら標高は3,192m
富士山は3,776m。標高差500m以上。8合目ですら、北岳より高い。
高山病は2,500mくらいから発生するが、
そこからまだ1,000mも上げるのである。
確かに、一度体が慣れてしまえば何とも無いのが高山病だが・・・

運転手、楽な訳が無いです。



IMG_8186.JPG

そんなときはコレ。安部川餅!


IMG_8187.JPG

はぅ〜、癒される〜(*^_^*)






どんな山でも、疲れないことなんて無いので、
息苦しいのも予定通りと言うことで、山頂に着きました。
コレが山頂から火口の様子。

IMG_8208.JPG


天気は良好。この調子なら、
夕日、星、月、日の出、色々なことが期待できそうだ(^-^)♪
そのためにわざわざ山頂で1泊するスケジュールにしたのだ♪




まずは宿泊の手続きから。

『夕食は今からです。消灯は7時なのでそれまでに戻ってきてください。
 施錠をするので小屋に入れなくなります。
 朝食は4時、それで鍵を開けます。』




何てこった!夜は外出禁止!?(>Д< #)

日本一空に近い場所で、星を見ることが出来ないだと???

・・・って隣の夫婦も言っていました。とてもがっかり(T_T)/~~~

この時点で17時40分。ここから最高峰地点(西側)まで片道20分。

コレなら間に合う!?

日本最高峰の記念撮影よりも、

IMG_8245.JPG

日本最高峰からの、夕日。雲海が何とも言えませんでした。


posted by くうきびと at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | (山) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。